2010年09月26日

朝青龍に引導を渡すのは力士であるべきだったのだ!!





はっきり言おう。

大相撲は地に堕ちた。

朝青龍を追放したはいいが、こんどは暴力団とのスキャンダルが発覚。

結局、朝青龍も角界もどっちもどっちということなのだ。

常識が通用しない世界なんだし、朝青龍がそういう世界に染まってしまうのも致し方ない。

彼は高校卒業から角界入りし、一旗上げようと野望を持っていたのだ。

強くなりさえすれば、横綱になりさえすれば絶対の世界なんだから。

そもそも、DNA的に相撲道を理解しろというのは無理がある。

外国人という事で、見えない差別があっただろうし、それを見返すべく強くなろうとしただけ。

また、八百長疑惑はガチンコでも強くないと成り立たない。

朝青龍にガチンコ勝負を挑むと、ひどい目にあうのは稽古でも天下に知れている。

だから、みんな星を売るのだ。どうせ勝てっこないんだから、痛い目を見ないで負け、お金も手に入るんだから。

漫画に登場する、まさにならず者のキャラなのだ。

彼を止めるのは、同じ力士しかいなかったのだ。同胞の白鵬しかいないだろうね・・・

キャラクター的にベビーフェイスだし、スーパーヒールの朝青龍と競えば、大相撲は盛り上がっただろうに。

彼らが全勝で、千秋楽に優勝をかけて対決。

日本中が盛り上がるって。

まあ、今となっては白鵬とて賭け事をしていたのがばれてしまったが・・・

白鵬の連勝記録も、ザコ相手なんで価値は落ちる。

上位陣が数人、今年に入ってから角界を去っているだけに。

ガキのころは、千代の富士のガチムチさと強さに感動したんだけどね。

ということで、朝青龍の断髪式を見たい人は早めにチケット買ってくださいな。


posted by ワルエム at 03:25| 北海道 ☔| Comment(0) | 大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。